悪玉コレステロールの値を下げる

オレイン酸の含有量が圧倒的なオリーブオイルです。

風味が豊かで、単なる食材としても、充分魅力的なオリーブオイルですが、実はさまざまな効能が期待される健康食材でもあります。

 

 

まず注目したいのは、オリーブオイルには、酸化しにくい油であるオレイン酸が豊富に含まれているということです。

 

 

オリーブオイルの成分全体の約7割を占めるオレイン酸には、悪玉コレステロールの値を下げる効果があり、動脈硬化や糖尿病などの成人病や心疾患のリスクを減らすことができます。

 

 

また、胃酸の分泌量を調節したり、腸の動きを活発にさせる効果もあり、胃腸の調子を整えるのにも役立つのです。

 

 

オリーブオイルには、オレイン酸のほか、ビタミンやミネラル、抗酸化作用のあるポリフェノールなどの栄養素も含まれています。

 

 

毎日少しずつでも、食卓に摂りいれていきたいですね。

 

 

オリーブオイルは、パスタなどのイタリア料理に使うことはもちろん、いろんな食材に合わせることができます。

 

 

パンにつけても美味しいですし、サラダにかけるのもおすすめ。

 

 

特に、レモン風味のオリーブオイルはサラダにぴったりです。

 

 

そして、案外、冷奴や焼き魚など、和食にも合うのだそう。

 

 

意外に思える組み合わせですが、いつもと違った新しい美味しさを発見できるかもしれません。

 

>>オリーブの森【最安値】通販ショップはこちらから<<